ペレットストーブの燃料費 灯油と比較してみた

 

ペレットストーブに興味があって昨日から燃料費など、いろいろとしらべています。たとえば薪ストーブより燃料費がかからないのか、灯油との比較はどうかということです。

ペレットストーブ本体の価格も気になりますね。

私の別荘は吹き抜けがあって広いのでどのくらいのペレットストーブを設置すればいいのかもか知っておかないといけません。まわりの別荘には薪ストーブが多いようで庭に薪が並べてあります。

 


スポンサードリンク





 

ランニングコストの比較

 

そこで薪と灯油、ペレットの燃料費の比較をしてみました。

ペレットストーブの大きさによってペレットの費用も変わるようですので熱量で比較してみましょう。灯油1リットルと同じペレットは約2キロで薪だと約4キロが必要になります。

薪がただで手に入れば無料ということでランニングコストはかかりませんが、購入するとなると割高になりますね。

 

薪を購入するのが一番割高になります。

ペレットの値段はマチマチですが10キログラムで500円前後。ペレットは1時間燃すと1キロ使うそうなので1時間50円前後。24時間で1,200円という計算になります。1日10時間使うと10キログラム入りが約2日ほどもちます。

いろいろとしらべてるとペレットは灯油と同じくらい。でも灯油が高くなってくるとペレットの方がだんぜんお得ということがわかりました。ペレットストーブの良いところは火を落としても温かさがしばらく続くところ。

灯油ストーブと違って遠赤外線効果で壁や床、天井などに放射熱が伝わって家全体が温まるから冷めにくいんです。このことを考えると灯油よりもペレットの方が良いのではないかと思います。

 

ペレットストーブの煙突工事

ぺレットストーブの本体は薪ストーブよりは安いですが本体価格だけでなく排気筒の設置工事が必要です。

最近のペレットストーブの煙突は二重断熱煙突が基準らしいですが、薪ストーブの煙突工事に比較するとかなり安いです。薪ストーブの煙突工事は50万円~。薪ストーブ本体はホームセンターで売ってる5万円前後から高いものでは100万円。ピンキリです。

 

ペレットストーブ本体は薪ストーブより安く20万円から30万円で買えるものが平均。もちろん海外の高級なペレットストーブは100万円近くします。日本のメーカーでさいかい産業では20万円~なのでストーブ本体と工事費で最低50万円は必要ということが現実的にわかってきました。

 

さらにペレットストーブを設置した後の「メンテナンスですが、排気筒の掃除が1年に1回必要ということです。排気筒の掃除は薪ストーブの煙突掃除よりもすごく簡単らしいので面倒臭がりの私にもできるでしょう。

灯油のストーブなら大きい物でも楽天で5~6万で購入できますし、もちろん工事費は不要。いずれは別荘に定住したいけど、それは先の話になりそうですし、冬に通うのは大変そうなので憧れのペレットストーブはお金に余裕ができてから、ということになりそうな予感。

 

今のところ設置したいペレットストーブは天板も熱くなってお湯が沸かせたり料理ができるタイプ。さいかい産業の【RS-4】近藤鉄工の【もだんろ】JASTYの【料理君】の3つが候補です。

 

料理君はペレットだけでなく薪も使えて便利ですが価格が本体価格が70万円前後。この3つの中ではさいかいのRS-4が298,000円で一番安い。JASTYの料理くんは薪も使えるのにペレットストーブのように煙突がいらず排気筒でOKなんです。

 

ストーブの下のほうにオーブン室もついてるのでおアンを焼いたりピザを焼いたりもできます。天板ではお湯を沸かしたり煮込み料理をしたりととても便利なストーブなんですよ。私の理想はJASTYの料理くんなんですが予算が・・・・

 


スポンサードリンク





 

タイトルとURLをコピーしました