吉和の花火大会 2019 別荘のすぐそばで見学

 

別荘の夏祭りと花火大会

 

別荘のすぐそばで8月12日(土)に毎年恒例の夏祭りと花火大会2019がありました。歩いて1分もかからない場所で打ち上げられるので、かなり間近で見ることができました。

 

自宅の近くでも大きな花火大会が8月の初旬にあるのですが、こちらは割と有名なので人出も多いし車でいくのは大変なので徒歩かバスで行くことになり往復に時間がかなりかかります。

 

その点、別荘地に行くまでに渋滞は全くなく、その地域でやってる花火大会は夏祭りの行事の一つでこじんまりしてますが人出もそれほどでなく、何より別荘からすぐ近くであるので気軽に見ることができました。屋台もあったので孫は大喜び。

 


スポンサードリンク


花火だけじゃなくコンサートや神楽もなどあっていつも静かな別荘地の夜は賑やか。3歳の孫は特に神楽が気にいったようで踊りをマネしてくるくる回ってましたね。

 

2500発の花火をすぐ近くでみました

花火は2500発ですが、合間がなく約30分で全部、打ちあがるし割りに迫力もあったので大満足。子供と孫も一緒に見て楽しい一日を過ごすことが出来ました。

 

ちなみに自宅周辺である花火大会は6000発あがります。1発上がるたびに広告主はどこそこの会社というアナウンスが入ります。そのアナウンスの間に花火の煙が少なくなるのでつぎの花火がきれいに見えます。

別荘地は小さな町なのに2500発も上がるなんて頑張ってるな~と思いました。残念だったのは花火の煙が邪魔してたこと。大きな扇風機で風を起こして煙をどかしたいくらいですね。煙が少なくなるまで時間をあければ次の花火がもっときれいに見えたかも。

 

でもいつもよりかなり近くでみれたので迫力があってよかったです。来年はもう少し早く別荘に行って、昼の部にある「あまごのつかみどり」も参加したいですね。

 

花火の後は子供と孫2人と一緒に別荘に泊まりました。

 

自宅に帰るとエアコンなしではいられない暑さですが、別荘地は昼間もエアコンがなくても汗をかかずカイテキ。夜はもう少し肌寒いくらいですが、とっても過ごしやすいので帰りたくはなかったのでが、自宅では猫たちが待ってるので帰らなくてはいけません。

自宅についた時間は午後3時。自宅はやっぱり蒸し風呂のような暑さです。車で1時間の距離でこんなに気温が違うんですね。


スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました