濱田祐太郎さんがR-1ぐらんぷり2018のグランプリに決定

濱田祐太郎さんがR-1ぐらんぷり優勝

 

たまたまテレビを見てたらR-1ぐらんぷり2018決勝戦をやってました。そこで何となく目がいってしまったのが濱田祐太郎さん。見た目は若くてかわいいのですが、お笑いのネタの内容や画面に映る白い杖を見て、もしかして目が見えないの?

 

ちょっと調べてみると本当に目が見えないんですね。ネタが面白いので目が見えないって全く最初は気が付きませんでした。もしかしたら優勝するかもって勝手に想像してたけど本当にグランプリを獲得しちゃいましたね。なんと今まで一番エントリー数が多い3795人の中のグランプリですからすごいですね。


スポンサードリンク




濱田祐太郎さんはどんな芸人さん?

濱田祐太郎さんは吉本興行所属のお笑い芸人さんです。

最初テレビを見ててわからなかったのですが目が見えない方なんですね。

さっそくプロフィールを紹介しましょう。

濱田祐太郎さんのプロフィール

性別:男性
生年月日:1989年09月08日
身長/体重:171cm /85kg
血液型:O型
出身地:兵庫県 神戸市
趣味:フォークギター アコースティックギター フィンガーピッキング 大食い
特技:あんまマッサージ指圧師 針師 自分の好みに合わせて丁度いいかたさでお米を炊ける事
NSC大阪35期
引用:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6293

 

プロフィールには書いてないですが濱田さんは生まれつきの弱視で目がほとんど見えないというか右目は全く見えないし左目は明るさがわかる程度ということです。それでも小学校と中学校は普通の学校に通ってたということです。頑張ってたんですね。高校から盲学校に進学したそうです。盲学校での体験もお笑いネタになってましたね。

 

たとえばみんな目が見えないのに教室に黒板があるとか、先生に心の目で見ろと言われたとか、普通の学校だったら当たり前のことでも目が見えないだけで違うことになるんですね。ハンデをものともせず明るい話ぶりとポジティブなネタで自然に笑ってしまいました。

 

これまでの漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」、コント日本一決定戦「キングオブコント」、女ピン芸人NO1決定戦「THE W」など多くのお笑い決勝戦の中でも盲目の芸人が決勝進出するのは今まで一度もなかったことです。

 

見た目はかわいらしく若いのですがすでに芸人として5年目を迎えています。

 

R-1の初出場は2012年で、その時は惜しくも準決勝で敗退。

 

小学生の頃からテレビで漫才を見てハマってしまい中学生の頃には芸人になってテレビや舞台に出たいという夢を描いてたそうですよ。

あんまマッサージ指圧師と鍼灸の資格も取得している「努力家です。

昨年のグランプリはアキラ100%でしたがあれからもう1年たったんですね。アキラ100%もR-1グランプリで優勝してからテレビで見ない日はないくらい人気ものになったので、濱田さんも明日から毎日テレビで見ることができるでしょう。2018年は忙しくなって生活がガラっとかもしれませんね。

 


スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました