サントリーの「白州12年」と「響17年」が販売休止になるとか

サントリーの「白州12年」「響17年」が販売休止

どうしてかという原酒が残り少なくなってるからです。最近CMなどの影響でハイボールが人気だそうで、ウイスキー人気が盛り上がり思わぬ在庫不足になっちゃったということでしょう。

NHKの朝の連続ドラマ「マッサン」では竹鶴がかなり売れましたよね。ちょうど世界的な賞を受賞したタイミングだったからガンガン売れました。テレビの影響ってすごいもんです。

いつから販売休止?今のうちに買っておこう

白州は今年の6月ごろから、響の方は9月ごろから販売を休止する予定。在庫限りなのでなくなるのはもっと早いかもしれませんね。好きなら今のうちに買っておきたい、でも転売目的の購入が多くなることも予想されるので早いもの勝ちになりそう。

 

販売の再開は今のことろ未定だそうですからウイスキーファンにとっては早く復活させてほしいことでしょう。

でもウイスキーって熟成させるのに時間がかかるから大変。人気があるから大量につくっても熟成した頃にはあまり売れなォ…なんてことになったらたいへん。先が読めないお酒ですね。

白州 12年 700mlのお値段と詳細

いったいどんなウイスキーでいくら?と気になったので値段を確認してみると高っ!白州12年は700ミリリットルで現在の価格は23,000円以上。
箱付きやギフトボックス入りだと30,000円以上というから気軽に飲むお酒ではなさそう。これからもっと高くなりそうな予感がします。

 

サントリー 白州 12年 シングルモルトウイスキー 700ml

森の蒸溜所「白州」で熟成された12年以上のモルトの原酒を吟味して生まれたシングルモルトウイスキー。味の特徴は甘く柔らかくスモーキー。まるで芽吹き始めた若い緑の香りが詰まってるようです。爽やかだけど濃くもあり後味はすっきり。

 

響17年 700mlの値段と詳細

 

響17年は700ミリリットル入りで30,000円以上。もしかしたら以前はもう少し安かったのかもしれませんね。

 

サントリー創業90周年を記念して1989年に新発売。酒齢17年以上の長期熟成モルト原酒を厳選・吟味し、酒齢17年以上の円熟グレーン原酒とブレンド。後熟にもたっぷりと時間をかけました。多彩な原酒が一糸乱れぬ絶妙の調和のもとに深く豪華なハーモニーを奏でているのは、サントリー伝統のブレンド技術の賜物です。引用:サントリー公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました