断酒生活 ノンアルコールワインについて調べてわかったこと

9月に入って、長雨が続き例年になく急に気温が下がったせいか体調が不安定になりました。

みぞおちあたりがキュっと刺しこんだり背中の右側に鈍痛があるなどが続いたのでヤバイ!と感じました。

もう20年以上毎晩、ワインや焼酎などを飲むことが習慣になってるので、飲みすぎかも・・・・・そこで、しばらく断酒することを思い立ちました。

急に飲まなくなるのは口さみしいのでしばらくはノンアルコールワインやノンアルコールビールでごまかそう。

 

ノンアルコールワインはブドウジュース?

いつも飲んでるのは赤ワイン。ノンアルビールは飲んだことがあるのですが、ノンアルワインはまだ一度もなし。

アルコールを抜いた赤ワインなんて、普通のブドウジュースと同じ味になるのでは?

でも値段を調べてみると赤ワインよりちょっと安いくらい。ぶどうジュースなのに高いな・・・・と疑問が出てきたのでノンアルコールワインについて調べてみました。

 

ノンアルコールワインの作り方

2っの作り方があります。

・後でアルコールを抜く
・最初からアルコールを抑制

後でアルコールを抜く製法は、まず普通の製法でぶどうを発酵させてアルコール入りのワインにした後でアルコールを抜きます。

アルコールを抜く方法は「蒸留法」、「逆浸透法」、「揮発性物質回収法」などがあるそうです。

ヨーロッパではアルコールと水分を分離させる蒸留法が多いということ。

ワインはブドウを発酵させるので、そのまま絞ったぶどうジュースとは違います。蒸留法では本物のワインからアルコールを抜くだけなのでコクと味わいがそのまま残ります。

 

最初からアルコールを抑制して作る方法は

・糖分を少なくする
・途中で発酵をストップ
・酵母で発酵させる

後でアルコールを抜く製法よりちょっとブドウジュースに近い味わい。それでもワインの風味はあるそうです。

どちらにしてもブドウを絞るだけのジュースと違って手間暇がかかってるので値段が高くなるんですね。

アルコールは抜いてもポリフェノールはそのままたっぷり。健康に良さそうです。

ノンアルコールビールのカロリーはどのくらい?

アルコール抜きだと酔わないので、ごくごく飲めそう。

でもカロリーが気になります。せっかく断酒したのに体重が増えた‥‥ってことになったら成人病の心配が出てきますからね。

アルコールを抜いてあるのでカロリーは半分以下になります。

それでもノンカロリーではないので飲み過ぎには注意ですね。

 

カールユング ノンアルワインを飲んでみました

 

私が飲んだのはドイツ産のカールユングのメルロー というノンアルコール赤ワイン。

1本750ml入りで750円くらい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カールユング メルロー ノンアルコールワイン ドイツワイン 赤 750ml
価格:790円(税込、送料別) (2019/9/27時点)

楽天で購入

 

 

いつも1本300円前後の安いワインを飲んでる質より量の私にとっては高い・・・・

でもノンアルワインの味を確認するためにチャレンジ。

カールユングはドイツでは有名な歴史があるワイナリー。

19世紀の終わりごろからアルコール抜きのワインを作ってきた老舗です。

低温真空蒸留法でアルコールを抜いています。この方法でカールユングは特許を取得。

飲んでみると赤アインの風味がしっかりあります。他の人の口コミでは「薄い」「軽い」「おいしくない」という意見もありましたが普段300円前後の安いものを飲んでる私にとっては大満足。

しっかりと冷やして飲むと渋みもほどほどにあってワインを飲んでる気分も出るしおいしい。

なによりノンアルでポリフェノールがしっかり取れるのがいい。

ノンアルコール生活になってかわったこと

 

アルコール類を飲むことをやめて3週間経ちました。

最初の4~5日はノンアルビールやノンアルワインでごまかしてましたが、アルコール類を飲むことをやめた後に起こると言われる離脱症状のようなものは一切なし。

1週間たったころからノンアル飲料から炭酸水に変えても問題なし。

アルコールを飲みたい、という欲求もほとんどなし。

毎晩飲んでたのは習慣だったんでしょうね。習慣を本格的に変えるには時間がかかります。お酒を飲むという習慣を変えるためには約3か月は必要ということ。3か月というと12月ごろまでですね。

 

今の目標は3か月のノンアル生活を続けて習慣化すること。

 

3週間たった今では今では水やお茶でも大丈夫。おかげで朝の顔のむくみがなくなったし、いつも履いてるパンツのウエストが緩くなってきました。

夜もよく眠れます。

20年以上、ほとんど休みなく毎晩飲んできたわりに案外むつかしくなかったですね。

今のところ新年まで続けようと思ってます。

でももしかしたら、ずっと飲まなくてもいいかも(笑)

タイトルとURLをコピーしました