マツコが知らないインスタント袋麺の世界の島中華と岩国レンコン麺

マツコが知らない世界で「インスタント袋麺の世界」が紹介されました。

第1位はみうら食品の「島中華300円」

マツコがお店の香りと絶賛した鳥ガラスープ

麺もインスタントとは思えない仕上がり。

マツコもおもわず「何、この麺、うどんと中華めんの中間みたい」「うまいっすね」「ヤバイこれ」

みうら食品は山形県にある会社で昭和25年創業という老舗です。

 

島中華の他に肉中華、冷やし中華、田舎そば、蔵王そば、日本そば、うどん、そうめん、油そばなどを製造販売してます。

昭和の懐かしい香りがする島中華はみうら食品のHPから購入できます。

 

⇒みうら食品の島中華のお取り寄せはこちらから

 

株式会社みうら食品ついて
・社名:株式会社みうら食品
・代表者:代表取締役 藤田健憲
・本社・工場:〒999-3725 山形県東根市大字沼沢2030番地1
・TEL:0237-41-4100
・FAX.:0237-41-4105
・東京営業部 〒177-0041 東京都練馬区石神井町8丁目21番18号セザール第三石神井公園302号室
・直通TEL. 03-3904-0960
・創業:昭和25年10月1日(昭和61年4月25日、野川商事グループとして設立)
・従業員数:27名(平成25年1月現在)
・営業品目:乾麺の製造・販売(登録商標「蔵王」「蔵王の水車」「蔵王の白雪」「つるつる物語」他)

 

第2位は池本食品の岩国蓮根麺

山口県の岩国だけで取れる穴が10個開いてるレンコンを麺に練り込んでいるのが特徴。農林水産省主催 第一回地場もん国民大賞審査員賞受賞

以前食べたことがありますが、独特のモチモチした歯ごたえがあり美味しかったです。見た目は中華麺というより平たい蕎麦で食べるとパスタみたいな感じ。

製造元の池本食品ではレンコン麺のほかにおせちや生麩、珍味、割烹材料などを扱っています。

レンコン麺の材料は

・岩国蓮根
・牡蠣ガラ粉末(広島)
・国産小麦(北海道、九州)
・塩(沖縄)

などこだわりがあるようです。

蓮根には豊富な栄養が含まれてるのでおいしいだけじゃないですね。

食べ方も温かくしたり冷やしたり、季節によっていろいろ工夫できます。

スープじゃ「鰹・昆布のめんつゆ(冬は釜揚げで夏はざるで)」「ラーメンスープ(醤油とんこつ)」「うどんスープ」の3種類から選べます。

レンコンには食物繊維、ポリフェノール、ビタミンC、B6、B12、鉄、カリウム、銅、亜鉛、タンニン、レクチン、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。
特にビタミンCは、レモン含有量に負けない量が含まれているとか。

かんすい不使用の無添加麺です。

岩国レンコン麺は楽天市場からお取り寄せができますよ。

 

⇒池本食品の岩国蓮根麺お取り寄せはこちらから

 

池本食品の会社概要
・社名:有限会社池本食品
・運営統括責任者:代表取締役 清水 喜江
・所在地:〒740-0016 岩国市三笠町3丁目9-7
・電話番号:0827-21-2054
・FAX番号:0827-21-0335
・お問い合わせ:メール info@ikemoto-shokuhin.comまたは上記電話番号までお願いします。

岩国れんこんガラス

岩国レンコンを混ぜ込んだのは麺だけじゃありません。なんとガラス製品もあるんですよ。

レンコンを収穫したあとの畑に残った葉や根や花を廃棄せずに利用しています。

残った葉や根や花を乾燥させた後に燃やし灰にしたものを硝子に混ぜこんで溶解炉で溶かし合わせたものを
いろんなガラス製品に仕上げます。

透明な中にうっすら黄緑色がとけこんでいる独特な若草色のガラス製品に。

レンコン硝子を製造販売してるのはガラス工房マルさん。

以前は色ガラスの製造をしていたご夫婦が試行錯誤の末作り上げています。

ガラスの町富山で学んだご夫婦は、旦那さんが京都出身で奥さんは岩国出身。独立するのに奥さんの実家がある岩国を選んだそうです。

ガラス工房〇の所在地: 〒740-0326 山口県岩国市土生23ー1

詳しい情報は
フェイスブック⇒https://www.facebook.com/garasukoubouMARU/
インスタグラム⇒https://www.instagram.com/garasukoubou_maru/

タイトルとURLをコピーしました