ゴーヤ 一つのプランターに植える苗の数はいくつか調べてみた

 

今年の夏はゴーヤで緑のカーテンを作ろうと思ってます。

最近は大変な時期ですが、モンモンしてても季節は勝手に変化していきますね。

自宅のキッチンの窓は真南に向いてるので夏になると暑くて大変です。

毎年、何か対策をせねばと頭の中だけで考えてましたが今年は実行に移すことにしました。

窓の外にゴーヤを植えて日よけ代わり&食料にします。

いつも行ってるスーパーにゴーヤの苗が格安で売ってたのでゲット。

ゴーヤの葉っぱがグリーンのカーテンになってくれて強い日差しをブロックしてくれるのを期待してるのですが、実は野菜を育てるのが苦手。

私はいつも野菜作りに失敗するので、ゴーヤの育て方について自分なりに調べてみました。今回は地植えでなくプランターに植えるつもり。

準備するものをまとめてみました。

 


スポンサードリンク



 

ゴーヤの育て方 プランター栽培で準備するもの

・プランター(48ℓ)65×30×35㎝以上
・培養土(約20~30ℓ)
・鉢植え石(適量)
・肥料
・ネット
・支柱

プランターは昔使ってた古いやつがあったので再利用。ネットは100均で買う予定で支柱は切った庭木の枝で作ろうと思っています。

 

ゴーヤのカーテンは何株で作れる

ゴーヤで緑のカーテンを作るときは1株でOK。

65×30×35㎝以上のプランターに一株がベター。広い窓ならプランターをもう一つ置いても良いでしょう。

ゴーヤ作りに必要な土

野菜の栽培で肝心なのは土ですよね。

私がこれまで失敗してきたのは土が良くなかったのかも。

本格的に栽培するときの土はたい肥・赤玉土・園芸土をブレンドするんですが、私のような素人は培養土でいいみたいです。

良かった。

ゴーヤは水はけがよいのを好むので培養土を入れる前に鉢植え石を約3㎝ほどまんべんなく入れておきます。その上に培養土を入れます。

 


スポンサードリンク



 

ゴーヤに害虫はつくのか

土は良くても、害虫がつくと大変。ゴーヤにも害虫がつくものなのか調べてみました。

つきやすい害虫はアブラムシやハモリグリバエ、ハダニなど。害虫がつかないようにこまめなチェックして見つけたらすぐに駆除が必要ということ。

また病気になった葉っぱはすぐに切り取っておくことも大事。

 

水やりのやり方

それほど暑くない時期は土の表面が乾いたら水やりをたっぷりやっておきます。

朝と夕方の2回ほど水やりをします。昼間の暑いときに水やりをすると蒸れるのえタブーだそうです。

肥料について

土は培養土で代用できるとして肥料が気になります。

もともとゴーヤは肥料が多く必要な植物。

特に実がなる夏場は土が痩せてくるので2週間ごとに肥料を足すそうです。

なかなか手がいりますね。

肥料が足りず土が痩せてきたな、とわかる目安は葉っぱの色が褪せてくること。土が痩せてくると葉っぱが黄色くなるのがサインです。

 

ゴーヤの栽培で注意すること

・暑さには強いけど寒さには弱いので植える時期を選ぶ(4月末から5月末がベスト)

・日当たりと風通しの良い場所に植える

・プランターに植えるのは一株。

 

根を広く張る植物なので大きめのプランターが必要です。欲張ってたくさん植えないようにしないといけませんね。

つるは巻きひげで自然にネットにからみつきますが、最初はひもで縛ってきれいに絡むように誘導しなきゃいけない。

ゴーヤの育て方を調べてみたら、手がかかる野菜だなと思いました。

でも熟したオレンジのゴーヤは甘いそうなので一生懸命育てて食べてみたいです。

 


スポンサードリンク



 

タイトルとURLをコピーしました