浄化槽モーターが動かなくなった 原因を調べたら

購入したときに築16年だった中古別荘。

購入して丸3年たった9月の終わりに浄化槽のモーターが
動かなくなってることがわかりました。

9月分の電気料金を調べると、8月よりも

1,500円近く安くなってます。

 

どうやら9月はじめごろから故障してたようです。

寿命なのか故障なのか・・・・・

寿命をしらべてみました。


スポンサードリンク



浄化槽モーターが動かない 原因を調べてみた

浄化槽のモーターはブロアともいうんですね。

ブロア―の寿命は5年から7年らしいですが、自宅は
意外に長持ちしてます。

寒冷地だから?

と思ったのですが、調べていくうちにブロアが
水平についてないのも原因、と書いてある記事を発見。

別荘のブロアは水平に設置されてませんでした・・・・。

その他の原因は

・浄化槽の容量にあってない、
・電圧が不安定

 

ありえないけど
・空気の吐出量(空気量)を浄化槽側で絞っている

 

・・など。

浄化槽ブロアーの交換についてネットで調べると

自分でもできることがわかりました。

 

古いブロアーの品番やメーカーを確認して

同じ容量のものをホームセンターなどで購入します。

 

品番の30や40という数字は1分間に送られる風量を

表してます。

 

30なら30リットルという意味です。

 

さて、早速取り付けの方法です。

取り付けと言っても、置いてあるだけなので、

まず、古い物を取り外します。

 

古いものは風量を浄化槽に送るゴム管も劣化し

固くなってるので取り外しに時間がかかるでしょう。

 

そして、今度は新しいブロワーを置いて、

新しいゴム管を接続。

 

あとはコンセントを差し込むだけ。意外に簡単そう。

 


スポンサードリンク



浄化槽ブロアーの故障 管理業者に依頼

 

自分で交換にチャレンジしようと思ってた

浄化槽モーター(ブロワー)。

 

動かなくなって1カ月はたつので、中の微生物は

役に立たなくなってるでしょう。

 

ブロワーは微生物に酸素を送る役割なので故障すると

酸素の供給もストップ。

 

微生物が働かなくなるとニオイや汚れがきれいにならない。

新しいブロワを設置してすぐはニオイが出ることも

あるので交換と同時にくみ取りをした方がいいです。

 

別荘地なので平日の滞在者は少ないけど、万が一

ニオイで迷惑をかけたらいけない。

 

ということで管理業者に依頼することにしました。

 

ちょうど清掃の時期が近くなってましたので。

 

 


スポンサードリンク



 

 

タイトルとURLをコピーしました