クラピアのデメリットや植え方を知っておかないと後で後悔するかも


庭や空き地の雑草対策として注目されてるクラピアという植物。

雑草対策になるし、かわいい花が咲くので別荘の庭に植えてみようと思います。

でも初耳の植物なんで後でしまったと思ったりせっかく植えたのに失敗しちゃった・・ってなるともったいない。

購入前に調べてみると「クラピア 植えてはいけない」という

ワードを発見。

クラピアは植えてはいけないグランドカバーか

気になってさらに詳しく調べると、植えてはいけないというのは

見た目がよく似ている「ヒメイワダレソウ」。

ヒメイワダレソウは繁殖力が強くあっという間に広がって

欲しくないところまではびこるグランドカバー。

実はヒメイワダレソウは外来種で植えてはいけないという

法律で指定されています。

名前がよく似たイワダレソウというグランドカバーがあります。

ヒメイワダレソウとイワダレソウの違い

常緑のクマツヅラ科多年草でヒメイワダレソウとは違い

クラピアの元になった品種。

海岸の砂や岩場に自生している。

クラピアより成長がとても速いので早くカバーしたい時におすすめ。

種が飛んであっちこっちに広がる心配は少ない。

ガンガン踏むことで横に広がりきれいなグランドカバーに。

ヒメイワダレソウは種が飛んであっちこっちに広がるので、
となりの家の庭まで 繁殖してしまう可能性が・・・・・

自宅の庭にミントを植えてあれよあれよという間に増えすぎた

苦い経験があります。

ヒメイワダレソウはミントよりヤバそう。

一方、イワダレソウを改良したクラピアは種で繁殖しないし管理も簡単、

でも購入前にクラピアのデメリットや植え方、増やし方、

庭に植えて大丈夫なのか、値段などを調べておかなきゃ。

そうそう肥料も必要なのかも知っておかないと。

クラピアのデメリットを知っておかないと大変

クラピアはイワダレソウという植物を宇都宮大学の倉持先生が長い年月をかけて品種改良されたものです。庭一面に広がると雑草と違い見た目が良くなります。芝生よりも管理や手入れが楽というメリットがあります。

植えた上を歩いても平気だし密度が緻密になると雑草が生える

スキマがなくなるなどパワーがあります。

でもデメリットも知っておいた方がいいです。

繁殖力が強いのでどんどん増える

一度その土地に定着すると繁殖のスピードがとても速いので

少し植えただけでもどんどん広がっていくため植えすぎると大変。

芝生の何倍もの成長度を持っていますから広がり過ぎに注意。

お隣のお庭にまで繁殖させないようにブロックなどで境界を

作っておく必要があります。

繁殖力の高さはコンクリートの上でも成長するほど油断大敵。

クラピアは踏みつけられたり適度に刈り込むことで密度が小さくなります。

その分抜くときが大変。植え始めは少ない本数からスタートして

様子をみましょう。

雑草がゼロになることはないので期待しすぎない

たとえクラピアを植えても雑草がゼロになることはないので

時々の草むしりが必要。

クラピアに任せておけば何もしなくて良い、という安易な考えは禁物。

また冬は枯れるので1年中、緑というわけにはいきません。

寒くなって葉が茶色になってしまうと「枯れた?失敗した?」と

思うかもしれませんが、春になって温かくなるとまた緑が復活。

温かくなっても緑にならない場合は失敗かも。

冬に枯れると庭がさみしいので常緑のグランドカバーを調査。

常緑のグランドカバー

冬になっても緑のグランドカバーおすすめ。

・デイコンドラ

デイコンドラ

常緑でヒルガオ科の多年草。

日陰や暑さ、寒さにも強いし、小さい葉っぱがかわいい。

葉っぱのバリエーションが多くあるので自宅のイメージに

合うものを選べる。

成長も早い。

価格が高めで購入できる販売店が限られてる

ホームセンターで買える一般の花苗の5倍、と値段が高いもの。 クラピアは普通の植物と違って価格が高いので刈れてしまうと一度に大量に購入して失敗するととてももったいない。

また近所のホームセンターでは売っておらず購入できる販売店は限られています。市販の店舗はなく通販の購入だけ。人気が高くなると在庫切れになったりすることも。特にテレビなどで紹介されると購入者が殺到するかもしれませんね。

初めて植える場合は少ない本数からスタートしましょう。

クラピアの苗6本セットの通販をチェック
↓ ↓ ↓

屋上緑化用イワダレソウ:クラピアK7 3号ポット 6株セット

温度が高くなるといろんな虫が集まってくる

クラピアは虫に好かれる植物のようで気温が高くなるといろんな虫が集まってきます。花が咲くとミツ蜂が集まってくる可能性が。でもミツバチはよほどのことをしない限り人を刺すことがないし家に最悪な白アリを食べてくれるというので悪くはないでしょう。

極度の虫嫌いなら植えないほうがいいかもしれませんね。。

定期的に手入れしないと見栄えが悪くなる

植えた後に時々踏みつけたり刈込をしないと葉の密度が小さくならず密集度が低くなります。植えたまま、というわけにはいかないかも。またコンクリートやアスファルトなどのスキマにも繁殖するので放置しておくとクラピアだらけに・・・・・

特に花壇や畑に入りこまないように時々カットしておきましょう。

別荘地の冬は寒いので成長するための気温や生育環境についても調べてみました。

クラピアが不向き 定着しない環境とは

・日光が当たらない
・土があまりない
・マイナス5度以下の寒冷地
・ツタ類などのツル性植物が多い土地
・すごく固い土地
・粘土質の土地

以上のような環境や土地に植えてもうまく定着しないことがあるようです。

マイナス5度以下になる環境って別荘地の冬だと微妙な感じ。でもいろいろ調べてると東北地方でもちゃんと定着した事例を見つけたので植えても大丈夫そう。温度の問題がクリアになれば土壌が良くない土地でも改良せずに問題なく繁殖していくようです。


スポンサードリンク



クラピアの植え方や増やし方を知っておきたい

気温OK、環境OKでも植え方を間違うとちゃんと育ってくれないことがあるので植え方や増やし方をあらかじめ知って起きたほうがいいですね。まず植える前に必要なことは雑草の処理をしておく、ということ。雑草だらけの土地に植えてもうまく定着しないってことでしょう。

植える時期として最適なのが4月から9月ごろと言われてます。

特に良い時期は6月~7月。このころに植えると気温が高いので繁殖のスピードが速くなりそうですね。

日当たりの良い場所に雑草が生えてればあらかじめ抜いてきれいにしておきます。雑草がはびこってるとさすがのクラピアも成長しにくくなるからです。

雑草をキレイししたらしっかりと土おこしをした後に適度な穴を掘り肥料を入れてクラピアを植えます。土おこしをして柔らかくしておくと根が定着しやすいので必須。肥料は直接「クラピアにあたらないようにしましょう。

掘る穴の深さは12㎝以上が理想的。植える間隔は25㎝~50センチが望ましいでしょう。ものさしできっちり図らなくても適当でいいそうです。

肥料は草花用などホームセンターで手に入ります。一つのクラピアに6グラム程度の肥料が必要。多い方が喜ぶだろうと肥料をやり過ぎるのはタブー。

クラピアを植えたら靴で地面に押し付けるように踏んでおきます。踏むことで根の付きが良くなるというたくましい植物です。

植えてから10日~2週間程度、雨天以外は毎日、朝と夕方の水やりが必要。特に気温が高くなる時期はしっかりと水やりをやっておきましょう。

クラピアを短期間で増やす方法

日当たりのいい場所に植えるのは基本。植えるときに有機肥料を入れて置くと成長度が違ってくるそうです。定着する前に生えてくる雑草をきちんと抜いたリすることも大切なこと。

こまめに抜くことができない場合は雑草が生えないように植える場所に植栽シートで覆ってからクラピアを植えるのも一つの対策。

販売店と注意点

近くのホームセンターに苗が売ってれば、と思って探してみても販売していませんよ。種苗法で品種登録された特別なものなので今は通販のみの販売ですね。
自分の土地で増えたものをネット販売したりユズたりすると法律に違反することになり場合によっては罰せられるので注意しましょう。自宅で増えたクラピアを株分けして別荘にもっていって植えるのも種苗法違反になるそうです。

自宅用と別荘用に別々に購入しないといけないのかも。


スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました