ハニーデューの効能とマヌカハニーとの違い 非加熱で無農薬のオーガニック

 

ハニーデューというニュージーランド原産のはちみつを買いました。

 

非加熱で抗生剤フリー、無農薬のオーガニック蜂蜜。

1本1キログラム入りが特別価格で安くなってたからです。

期待できる効能はマヌカハニーと同じようなこと。

 

ハチミツのなかには除草剤の成分が混ざってるものがあります。

その点、オークハニーデューのハチミツの原料は樹液。

特に深い森に自生する黒ブナの樹液なので農薬の成分が
混ざる心配は極めて少ないです。

だから今、ハニーデュウに注目が集まってますよ。

⇒ニュージーランド産ハニーデューハチミツを楽天通販で見てみる

ハニーデュ―とマヌカハニーの違い

マヌカハニーの方が有名ですけど、お値段が高いですよね。

それでマヌカハニーと同じようなサポート力がある
生ハチミツを探してたらハニーデューを見つけました。

お値段は安いです。

知らない人が多い蜂蜜ですがヨーロッパでは貴重、
さらに高級品。

ハニーデューの違いを調べて驚いたことがあります。

・蜂に抗生物質を与えてない
・花の蜜が原料ではないこと

蜂に抗生物質を与えてない

実はミツバチも病気にかかることがあるので予防のために
抗生物質を与えることが多いです。

蜜蜂の病気で怖いのが「アメリカふそ病」という病気。

この病気は法定伝染病なので感染した場合は巣もミツバチも
焼却処分される怖いもの。

今まで知りませんでした。

アメリカふそ病の予防のために抗生物質を
使用してることが一般的です。

だから市販されている安い蜂蜜は抗生物質を投与された
ミツバチが採取したものが混ざってるかも。

でもハニーデューは蜂に抗生物質を与えていない
と表記されてるオーガニック。

マヌカハニーもニュージーランド政府公認のものは

混入の心配がほとんどありません。

購入するならニュージーランド政府公認のものにしましょう。

花の蜜が原料ではないこと

またハニーデュ―の原料になってる蜜は
花の花粉ではありません。

最初知った時はびっくりしました。

ブナなどの樹木に住み着くカイガラムシやアブラムシ
などの虫が樹液を食べて体から出す蜜をミツバチが
食べて熟成したものです。

1年のうちに約3か月の短い期間しか採取できないので
ドイツではとても貴重で高級と扱われています。

花の蜜から採取されたハチミツよりも酵素やアミノ酸、
ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれてると評判です。

 


スポンサードリンク



 

ハニーデューは非加熱ハチミツ

非加熱なのでハチミツがもってるパワーはそのまま

残ってます。

更にポリフェノールやオリゴ糖も他の蜂蜜よりも
高い濃度で含まれてますよ。

ポリフェノールの濃度が高いので琥珀色。

味はみたらし団子に似てるので甘露蜜とも言われます。

最初は普通のハチミツと味が違うので、ン?と
思いましたが慣れたらヤミツキ。

毎日スプーンにすくって3~4回は食べています。

ハニーデューの効能 こんな働きが

ハニーデューには有名なマヌカハニーと同じような

効能があるというのです。

毎日おいしく食べるだけでマヌカハニー並みの効能が

期待できます。

うれしいことに歯みがきをした後でも食べられます。

私も実際に寝る前にスプーン1さじほどを口の中に含み
まわしてから飲んだところ朝起きたときにいつもより
口の中がすっきり。

甘いのに後味がすっきりするなんて不思議。

たまたまかもしれませんが。歯ぐきにもいいみたい。

粘膜を落ち着かせる働きもあるからでしょうか。

一般的なハチミツよりもブドウ糖と果糖が少なく、代わりに
オリゴ糖が多いのでおなかの環境を整えるサポート。

おいしくて体をすこやかにするハニーデューは我が家の
常備食になりそうです。

最近はお砂糖代わりに料理にも利用してますよ。

 


スポンサードリンク



 

タイトルとURLをコピーしました