別荘の水抜きと水漏れで困った・・・・・

 

別荘で困ったこと

別荘を買って、困ったことを書いています。買った当初は全然気がっかなかったけど月日が経って落ちついてくると困ったことがちょっとずつ出てきました。購入した時に不動産屋さんにしっかりと確認していなかったのが一番の原因です。

 

突然、値段が下がってので、ありがたく購入したのでチェックが甘くなってしまいました。

 

ついでに購入時にいろんなところを広いリビングにクッションフロアシート貼ってくれたり色々と補修してくれてたんですが肝心の水回りが抜けていました。

 


スポンサードリンク



こんなチェックミスは私だけかもしれませんね。これを読んでるあなたは水まわりのチェックが一番と思ってるはずですから。冬が近づいてきて、凍結防止の水抜きのことが気になったのでもともと別荘においてあった水道に関する説明書を読みながら水抜きをやってたら、あるはずの水抜き詮が一つない!

 

さっそく水道業者にみてもらったら、やっぱりない!このままでは給湯器などの水抜きが完璧にできないということ。困った・・・・

 

万が一のことを考えて新たに水抜き線を作ってもらうことにしました。費用は35,000円。思わぬ出費です。ちょうど水道業者さんが来てるので少し前から気になっていた洗面所の下付近の水漏れについても聞いてみることに。

 

やっぱり心配していた通りお風呂場の下あたりに水漏れがあるかも、ということがわかりました。外から見るだけではどこから漏れてるのかわからない、ということで来週、もう一度来てもらい確認してもらうことにしましした。

 

水漏れしてることは確実なので、さらなる出費ですね。これは想定外!でも長く使うことを考えたら補修しなければいけません。安く済んだらいいな~。結果は後日報告しますね。

 

これから中古別荘を購入しようと検討されてるなら水回りのチェックをお忘れなく。

 

ちなみに気になっていた水抜き作業ですが、水道の元栓を閉めたらキッチン、洗面所、お風呂の蛇口を開けて残ている水を抜きます。外に二つある外水道の蛇口も開けておきます。

忘れてはいけないのがお風呂のシャワー。シャワーヘッドはお風呂の床にに置いて水抜きをします。これを忘れると急激に温度が下がった日にヘッドがバーンととんでしまうことに。

トイレも忘れずに水抜きをしておきます。次に行ったときは一つでも忘れることのないようにチェックすることを紙に書いて玄関当たりに貼っておこうと思います。

 

そうそう、もう一つ困ったことがありました!別荘にはテレビのアンテナが付いてるし購入のときに「テレビは映りますか?」と元のオーナーさんに聞いたら「映ります」と言われたので安心しきっていました。イザテレビを設置して電源を入れたのですが、映らない・・・・ガーン。テレビのアンテナが悪いのか配線が壊れてるのか詳しいことはわからないので、しばらくテレビなしの別荘生活です。

 

ケーブルテレビと契約すれば見れるのですが・・・・・水漏れなどの思わぬ出費が重なりそうなのでしばらく様子を見ることにしました。別荘に来たらテレビを見なくても意外に平気です。

 

⇒地デジの室内アンテナでテレビが見れるようになりました

 

水漏れしてる場所がわかりました

以前、書いた水漏れの件ですが漏れている場所がわかりました。浴槽のすぐそばにあるお湯が出る管が破けてて水漏れしていました。やはり水抜き詮がなかったため昨年の冬から今年の初めの寒い時期の間に管の中に残っていた水が凍結して破裂してしまったのかもしれませんね。

早くわかって良かったです。さっそく修理してもらうことにしたのですが、配管の様子をチェックする窓がかなり狭く、そこから修理することができないので業者の方も困ってる様子。最悪の場合はお風呂場がある外壁を開ける工事をして修理することになるかもしれない・・・というこのになりそうだったんですが。

 


スポンサードリンク



業者の方の機転でユニットバスの浴槽の接着されてる部分を外して修理することになりました。最初は浴槽の会社の専門家に来てもらって接着されてるところをはがしてもらう予定でしたが、業者の方が初めてだけどやってみるということでお任せ。

 

見事、外せたので後日時間があるときに修理できることになりました。また余分な修理代がかかるけどせっかく別荘に来てお風呂に入れないのがもったいないのでしょうがないですね。別荘のお風呂は自宅に比べて体の芯から温まる感じで、時間が経っても湯冷めしません。地下水を利用してるせいでしょうか?別荘の近くには温泉も何か所かsるので水の成分が違うのかもしれません。

 

早く修理が終わってお風呂に入りたいものです。

 

別荘を購入して約半年たちましたが、最初は気が付かなかったことがだんだんとわかってきました。自宅に比べて季節の変化が大きいこと。たった1週間で庭の木の葉っぱが一気に落ちていて庭が落ち葉のクッションだらけになっていたり。

 

紅葉を楽しむ前にはっぱがあっというまにすべてなくなったので別荘の景色も全く違っています。秋の初めまでは木の葉で見えなかったとなり近所の別荘の建物がはっきり見渡せるようになりました。

 

夏と冬では全く違う景色ですね。これはこれでまた面白いです。

 

水抜きの作業も慣れてくると簡単

水抜きの作業も2.3回やると少しずつ慣れてきて最初のびくびくも少なくなってきました。冬季に氷点下になった時に別荘にきて水を通しても水道管などが破裂しないように凍結防止のヒーターの電源は入れっぱなしになります。温度が下がったら自動的にスイッチが入って凍結しないようにしてくれるヒーターです。このヒーターの電気代が意外にバカになりません。

 

丁度、購入前だった昨年の冬から今年の春までの電気代の請求書がポストに残っていたのであらかじめわかってました。一番寒い時期は別荘を全く使ってなくても4,000円はかかることになります。寒いということは思わぬ費用がかかるものですね。冬は光熱費がかかるけど夏はエアコンがいらないくらい涼しいので1年をとおしてトータルで考えたら負担というほどではないかも。

 

別荘は自宅の倍くらいの広さがあるので電気代が意外にかかります。凍結防止のヒーターが付けて置かないといけないので他の部分で節電できないか考えないといけませんね。

水抜きや水漏れの問題が解決したら次は不動産取得税や固定資産税の減税に取り掛かる予定です。なるべくムダな出費は押さえたいものです。別荘を購入するまでは知らなかったことがいっぱい押し寄せてきてあっというまの6か月でした。別荘を購入して初めてに冬。今使ってる暖房は普通の石油ストーブ2個なので、これからはペレットストーブやダルマストーブなど、暖房のことも検討していく予定です。


スポンサードリンク



 

タイトルとURLをコピーしました