チコリコーヒーのインスタントでノンカフェイン生活

コーヒーが大好きなので一日に何杯でも飲みたいけどカフェインの取り過ぎが気になります。

コーヒーの代わりにタンポポコーヒーを飲んでたこともありますが、たまたまチコリコーヒーというのを見つけたので買ってみました。

チコリコーヒーはパリジェンヌやパリジャンが飲んでるというのでおしゃれなイメージ。

たんぽぽコーヒーより安いのもうれしい。

楽天でフランス産のLEROUXインスタントチコリコーヒー100g入りを購入。
↓ ↓ ↓

LEROUX インスタントチコリ(100g)【LEROUX】

瓶に入ってる粉末なので見た目はインスタントコーヒーみたい。

チコリコーヒーを飲んだ感想

さっそくお湯を沸かして飲んでみました。基本はスプーン3杯をお湯に溶かします。

飲んでみるとほろ苦くてコーヒーの味に似ています。

コーヒーの成分の一つクロロゲンがチコリにも含まれてるので味が似てる要素の一つ。

たんぽぽほんの少しですが甘味があるのはオリゴ糖が含まれてるから。

薄めに溶かすと麦茶の代わりにもなる味わい。

これなら続けられそう。

なにより体にもプラスになる面があるのが良いです。

チコリコーヒーの効能

チコリコーヒーはノンカフェインのハーブティー。コーヒーをたくさん飲みたいけどカフェインが取り過ぎは良くない。そんな時におすすめ。

味がコーヒーに似てるだけじゃなく、ちゃんと下記のような効能があるんですね。

・血糖値の上昇を抑制
・栄養豊富
・食物繊維が豊富
・肝機能のサポート
・消炎作用
・利尿作用
・低カロリー

チコリコーヒーの原料は野菜としてスパーでも売られてるチコリの根の部分。

根っこを乾燥させ焙煎したもの。

このチコリの根にはイヌリンという水に溶ける食物繊維が含まれてます。

イヌリンは腸に存在する善玉菌の餌になるので腸内フローラが満開になるでしょう。

飲むことで自然に食物繊維が摂取できるので便秘予防に!

チコリコーヒーの副作用

効能を見ると健康に良さそうですが、妊娠中や授乳中は飲まないほうがいいそうです。

理由は子宮を収縮させる働きがあるから。

妊娠中や授乳中はたんぽぽコーヒ―にしましょう。

 

またカリウムが豊富に含まれてるので利尿作用があり飲みすぎると体に必要な水分が外へ排出されてしまいます。

夏場などは脱水症状にならないように適度に飲みたいですね。

 

チコリはもともとキク科の植物なのでアレルギーが起こすことがあります。

キク科の植物にアレルギーがある場合は飲まないほうがいいですね。

 

LEROUXインスタントチコリコーヒー栄養成分表示:100gあたり
エネルギー:316kcaL、たんぱく質:3.6g、脂質:1.1g、炭水化物:57.0g、ナトリウム:150mg、食物繊維:31.8g、カルシウム:114.3mg、鉄:11.1mg、マグネシウム:68.9mg、リン:221.4mg、カリウム:1908mg、カフェイン:0g

タイトルとURLをコピーしました