もりわじん招き猫通販はどこ?マツコの知らないの世界で紹介

 

マツコの知らない世界の招き猫特集。面白かったですね。

招き猫特集で登場したのは猫の写真を専門に撮影してる坂東寛司さん(69歳)。招き猫収集もやってます。

スタジオにはソーラーゆらゆら招き猫クロや縁結び招き猫、追い出し猫などを紹介。

そんな坂東さん一押しの猫作家3人の作品も登場しました。

 

・小澤康麿さん作、猫町三丁目と七拾猫話
・加悦雅乃さん作、招き猫建造祭
・もりわじんさん作、おみくじ大猫神、招きたん

 

中でももりわじんさんの独特の風貌と独特の創作猫でマツコさんもびっくり。

特に【招きたん】というおみくじがアイデアものでした。

もりわじんさんの独自の創作も面白いので、通販で購入できるのか調べてみました。

 


スポンサードリンク



 

もりわじん招き猫通販

もりわじんさんの創作猫は下記のオンラインショップで購入することができます。

ちょっと確認してみたらすでに売り切れになってる作品がありました。マツコの知らない世界を見た人かも。

■ねこの大五郎オンラインストア
https://nekono-daigorou.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1772798

 

■風呂猫インラインショッピング
https://www.furoneko.com/shop/

 

おみくじ招きねこの招きたんは1体11,000円。

本も何冊か出版しています。
・小説および芸術考「ペリペリ」
・サ゜スウォスス オブ キャッツ曼荼羅
・STOP
・なぜ猫は幸せを招くのか?
・雨にまけるわけがない
・自由自在堂
・神仏猫百覧会
・春フタタビ
・おみくじ猫百覧会

 

以上の中でマツコの知らない世界で【おみくじ猫百覧会】が紹介されました。

中には100の言葉が書かれサイコロなどを使いおみくじとして楽しく読むことができる癒しの本です。

本はもりわじんさんの公式HPで購入することができますよ。

 

↓もりわじんさんのHPはこちら
https://www.moriwajin.com/

もりわじんさんプロフィール
カルカッタ、ソウル、ニューヨークなど世界の各都市で展覧会を開催。
その後、創作招き猫のトップアーティストとして活躍。
猫をモチーフとして、平面・立体を問わずあらゆる手法で創作。

 

もりわじんさんのアトリエ兼自宅も招き猫をモチーフに設計した独特なもの。

自宅兼アトリエは最上川の船下りが見られる景色の良い場所にあります。
2匹の猫が寄り添っているようなユニークな外観は近所でも評判でしょう。

 


スポンサードリンク



 

加悦雅乃さんの作品通販

もりわじんさんもすごいけど加悦雅乃(かやみやの)さんにも注目。

加悦雅乃さんは若干20歳の作家さん。

小学生のころから創作活動をスタートし、現在は世界中から高い評価を受けてます。
主な創作は絵画ですが造形作品も制作していますね。

 

時々、個展もやっててオーダーでも作品を書いてくれるようです。

作品が通販できるか調べてみました。

購入などについては公式HPに詳細が書いてあります。

 

↓お問い合わせや詳細は公式HPで
https://miyano99.com/

加悦雅乃さんのプロフィール
1999年京都で生まれる。
小学6年の時に書いた「ひだまり」という猫の絵が最年少で尼崎教育長賞を受賞。
2016年には芸術の本場パリのサロン・ドートンヌ展でも最年少17歳で入選。
入選した作品はサロン・ドートンヌ公式HPのポスターとして採用されたそうですからすごいですね。
同じく2016年に松山庭園美術館賞でグランプリを受賞。
など数々の賞を受賞してる才能あふれる若手のアーティストです。
現在は猫作家として個展や展覧会で活動中。
猫猫寺というアトリエで創作しています。
住所:京都市左京区八瀬近衛町520
電話:075-746-2216

 

日本はもちろん、世界中の招き猫を24年間探して集めた数はなんと、約5000体。

5000体の招き猫たちは愛知県瀬戸市にある【招き猫ミュージアム】で見ることができます。

招き猫ミュージアム
住所:愛知県瀬戸市薬師町-2
電話番号:0561-21-0345

 


スポンサードリンク



 

タイトルとURLをコピーしました