猫のより目はシャムやシャムトラに多いのはなぜ?

寄り目猫ラオちゃん

 

猫でより目の子が最近インスタなどで人気ですが、うちのシャムトラ猫のラオちゃんも寄り目でとぼけた顔がかわいいです。

 

保護したときにすぐに「目が寄ってるwwww」と気が付いたのですが、その時は車に接触した時のショックで寄り目になったのかと思ってましたが、シャム系のネコには生まれつきることだとわかりました。

 

猫の寄り目は遺伝的なもの

 

調べてみると内斜視で内側に目が寄ってますが遺伝的なものです。視界などに問題はないのかも調べてみると、片方の目の視力が弱かったりして左右の視力の差が大きいので物を良く見ようとすると内側に目が寄るということ。

 

目が見えていないわけではないので普段の生活には問題がないといいます。でも外での生活になるとどうでしょうか?瞳が内側によってるせいか視野が狭くなり見える範囲が限られてしまうでしょう。

 


スポンサードリンク


 

状況によっては片側の目だけで周りや物を見てることもあり立体感や離感が普通のネコのようにつかめないこともあります。

 

うちのシャムトラ、ラオちゃんも道路を横断するときに車が近づいてきたのが見えずぶつかりそうになって、気絶してたようですね。

 

道路に青い目をした猫が目を開けたまま横たわっていた時は驚きましたが、今は元気におうちの中で生活してるので車に接触することもないでしょう。

 

 

ネットでいろいろ見てみるとラオちゃんによく似た寄り目のシャムトラが載ってますね。なんだか親近感がわいてきます

 

 

シャム系のネコに寄り目が多い理由

 

シャム系の猫を始め、毛の色が薄い猫には生まれつき寄り目のことが多いそうです。薄い毛色のことを猫の世界でダイリュート遺伝子というそうです。

 

シャム系の猫の一部には遺伝的に目に異常がある場合がわかってます。眼から脳に情報がいく途中の一部に異常があるそうです。

 

視覚経路の生まれつきの異常ということですから治療方法などはないのでしょうね。寄り目のネコにとっては生まれたときからそんな状態なので当たり前で何とも思ってないかも。

 

シャム猫のサイアミーズ遺伝子

 

 

シャム猫には他のにゃんこちゃんと違って特徴がありますね。それが耳やしっぽ、顔の真ん中がこげ茶ということです。この特徴をポインテッドっていうそうですがサイアミーズ遺伝子をもったシャム系に多いです。

 

サイアミーズ遺伝子を受け継ぐとメラニン色素を抑制する働きを受け継ぐので全体の毛の色は薄くなりますが、皮膚の温度が低いところでは働かないので耳やしっぽなどの先端はこげ茶のまま残るんです。

 

遺伝子って面白いですね

 

でもサイアミーズ遺伝子の中のメラニン色素抑制遺伝子が目の中に働くと、正常な猫では交叉が起こらないはずの視覚経路に交叉が起こり寄り目になったりするわけです。

 

時には瞳が右や左、上下に細かく揺れる猫ちゃんもいるそうです。シャム系だけでなくヒマラヤンやトンキニーズ、ラグドールなどにも表れる遺伝的な特徴だとか。

 

これらのネコちゃんと野良ネコとのミックスで遺伝するので、うちのラオちゃんもその仲間ですね。


スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました