プレバトでテディベアを査定した吉川照美さんの手作り教室

 

プレバト!のテディベアの手作り査定は初めての企画が面白かったですね。

テディベアといえば歴史があるクマのぬいぐるみ。

ただのぬいぐるみではなくて、日本テディベア」という団体があるほどなので特別なぬいぐるみ。

2月20日(木)放送のプレバトでは下の4人の出演者が自作のテディベアにチャレンジ。

・光浦靖子さん
・はるな愛さん
・中山エミリさん
・那須川天心さん

査定するのはテディベア作家として有名な吉川照美先生。吉川先生は、雅子さまの婚礼の時にテディベアを献上したほど有名なんです。海外ではフランスのルーブル美術館にも自作のテディベアが展示されたほど世界的レベルの腕前なんです。

1位になったのはお笑い芸人の光浦靖子さん。

光浦靖子さんの作品はとても独創的で仕上がりも丁寧だったので査定した吉川先生が絶賛してましたね。

「日本テディベア協会に入ってくさい」と頼まれてたくらいなので素晴らしい出来栄えだったのでしょう。

テレビで見ても面白いベアでした。

吉川照美先生が作ったMCの浜ちゃんに似せたテディベアはとってもかわいかったですね。

これまでも和田アキ子さんや所ジョージさん、ビートたけしさん、久本雅美さんなどに似せたベアを作っています。販売したら売れるのは間違いなし。

今では「ROSE BEAR」という自分の店舗を地元の新潟に持ってますし、楽天などの通販で作品を購入することもできます。

先生の作品を購入するだけでなく教えてもらいたい、って場合もありますよね。

 


スポンサードリンク



 

吉川先生の手作りテディベア教室はないの

どうせなら吉川先生に直接教えてもらいたいものです。そこで教室はやってないのか調べてみました。

日本テディベア協会のメンバーでもある吉川先生。詳しいことはテディベア協会で調べればわかるかも。ということでさっそく調べてみると。

教室などの活動はやってない、ということ。

そのうち教室も開催されるかもしれませんね。

吉川照美先生のHP「ROSE BEAR」ではお仕事の依頼を受け付けてるので、直接「教えてください」って依頼すれば教えに来てもらうことができるのではないでしょうか。料金はいくらになるでしょうかね。

プレバトもHPから依頼したのかも。

 

吉川照美先生のお店「ROSE BEAR」について

実店舗「ROSE BEAR」は令和元年9月14日にオープン。お店の場所は東京や大阪ではありません。吉川先生の地元、新潟県上越市にあります。

 

テレビに出演されたので、お店の電話は鳴りっぱなしだったリお客さんがわんさか押し寄せるかも。

実際のお店に行ってみたい、という場合もあるので

日本テディベア協会のページに記載されてた吉川先生自身のホームページにアクセスして調べてみました。実店舗の住所や電話番号、営業日、営業時間などの詳細をこちらに書いておきますね。

ROSEBEAR
■住所:新潟県上越市大町4-3-4

■電話番号:025-542-9075
■営業時間:11:00~19:00/定休日:毎週木曜日、第一・第三金曜日

日本テディベア協会には本名とともに

・ブランド名
・ホームページ
・プロフィール
・賞歴

などの詳細も掲載されてましたよ。

 

ROSE BEARのホームページはこちら

http://www.rosebear-jp.com/

 


スポンサードリンク



 

吉川照美先生のテディベアのにせものに注意

プレバトに出演する前から人気のROSE BEARのテディベア。

人気になると登場するのが類似品や偽物。類似品はともかく、あたかも吉川先生の自作と偽って販売してる業者がいるようです。

手先は器用な人ならHP上に掲載されてる写真を見てそっくりなものを作れるでしょう。

そんなニセモノには引っかからないようにしたいですね。

楽天市場で購入できるのは「逸品shopコレコレ」という1件にしかおろしてないので、もし他で出品されていたらニセモノです。

ROSE BEAR以外の実店舗では

・リッテイベア(大阪)
・メイフェア(山梨県)
・山中湖テディベアミュージアム(山梨県)
・飛騨高山エコビレッジ(岐阜県)

以上の4つの店舗の住所や電話番号などはROSE BEARのHPで確認しておきましょう。

確かめずに買って「安く買えたラッキー」と思ってたらにせもの・・・・ってガックリです。

提携してるショップ以外では買わないほうがいいですね。

⇒吉川照美先生のテディベアが変える販売店

吉川照美先生のテディベア 書籍の情報

モノマガジンや雑誌anan、Penなどに掲載されてきましたが書籍の販売は今のところありません。

プレバトに出演したので、これから雑誌への掲載依頼や本を出しませんかって話が来るでしょうね。

 


スポンサードリンク



 

タイトルとURLをコピーしました