薪ストーブのデメリットは?後悔することはない?

ログハウスなどの別荘に薪ストーブがあると絵になります。私の別荘にも薪ストーブを設置したい。ホームセンターでは1台50,000円ちょっと買える安い薪ストーブが売ってますし。これを別荘に設置しよう!と思ったけど、大きいものなので後でしまった…と後悔したくないものです。

煙突も必要だから工事にいくらかかるのかいろいろ調べてるうちにデメリットがたくさんあることがわかりました。

薪ストーブにはデメリットがありすぎ

・煙突の工事費が高い
・薪を集めるのが大変
・薪を買うと高い
・薪割りが大変
・薪の保管が大変
・煙突掃除が大変
・煙突掃除の業者は高い
・灰の始末が大変
・安いストーブは定期的な交換が必要
・温まるまでに時間がかかる
・消火に時間がかかる
・温度調整が難しい
・使わない時は邪魔になる

私の目線で薪ストーブを設置する上で想像できるデメリットを上げてみました。

煙突工事が高い!

この中で私にとって一番のデメリットは煙突工事に費用です。いくらストーブ本体が安かったとしても煙突工事は必要です。

これが意外にバカにならない・・・・・

屋根に煙突を出すか、壁から煙突を出すかによって多少の違いはありますが50万円前後はかかるようです。

さらに屋根から出すなど煙突の後付けの場合、上手にやらないと後から雨漏りなどの心配もあるでしょう。

壁に穴をあけて出すにしても屋根より上に出さないといけないので2階建てだと高さも必要です。屋根より上だと1年に1回は必要な煙突掃除も自分でやるのは不可能です。特に私は高所恐怖症なので絶対無理!高齢になるともっと無理でしょう。

煙突掃除を業者に依頼すると1回3万円前後必要になります。

薪の調達が大変

自分の山を持ってたりすると良いですが、そうでなければ薪の調達しなければいけません。たとえ材木が無料で手に入ってもストーブに入る大きさに切り、薪割りをするという作業が加わります。

薪を保管する場所も考えなくてはいけません。伐採したばかりの木には水分が含まれてるので乾燥させないと不完全燃焼の原因に・・・乾燥させるまで約2年保管することに・・・・。

薪を保管してると虫がついたり、蛇の冬眠場所になっててびっくり!という話を聞いたことがあります。薪を部屋にもっていこうとしたら蛇がいた、なんてサバイバルですね。

薪を買えばそんな問題は解決します。でも・・・

薪の値段が高い!

ホームセンターではちょうどよくカットされた薪を購入できますが、1束が500円前後。1日中暖かく過ごす為には3束はいるでしょう。1日分が1,000円以上。毎日だと1か月で30,000円以上になりますね。

薪よりコストが安いブリケットやモミガライトも使えます。虫もつかないので保管も楽です。

⇒オガライトやブリケット、モミガライトが薪ストーブに使える

このように薪ストーブのデメリットを考えてたら私の別荘には不向きだな~ということがわかりました。焦って薪ストーブを買わなくてよかった。

でも薪ストーブの面倒なところが好き、薪割りが得意、すでに煙突はある、という場合もありますね。

そこでメリットも書いておきます。

 


スポンサードリンク



 

薪ストーブのメリットも捨てがたい

・遠赤外線効果で健康にプラス
・ストーブの上で料理ができる
・炎を見るとリラックスできる
・部屋全体が温まるので薄着でOK
・1台で家中温められる
・ヒートショックの心配がない
・地球温暖化に貢献できる
・消火したあともしばらく温かい
・結露ができにくい
・灰は家庭菜園の肥料になる

 

遠赤外線で芯から温まる

薪ストーブの最大のメリットは遠赤外線効果です。遠赤外線というのは石油ストーブやエアコンと違い、壁や天井、床などを伝わって家全体を温めてくれるのです。

だから人間の体も表面だけでなく奥の方も全体的に温まり血流がよくなると言われます。疲労回復や新陳代謝にも良いとか。遠赤外線は猫たちも喜びそう。

1台で家中温まるなら電気ストーブやエアコン、電気カーペットの併用も少なくなり経済的という意見もありますよ。

 

さらに一つの部屋だけでなくドアをあけておけば家全体がほどよく温まるのでヒートショックの心配も少なくなりますね。

料理やお湯を沸かしてガス代を節約できる

ストーブの上にやかんや鍋をおいて料理もできます。真冬にシチューやおでんなどの料理がガスや電気を使わずできて一石二鳥。

このようにメリットもたくさん。薪割りも趣味になれば面倒ではなくなるでしょう。

薪ストーブは本当に温かいのか?ということですが実際に私の別荘のすぐ下にあるTさんのところに設置しているので見せてみらいました。中に入ったとたん真冬の寒い時でも薄着でいいほどあったかい!炎がゆらゆらと揺らめいてるのを見ると気持ちまであったかくなります。

私の別荘には薪ストーブが設置されておらず今のところ大きめの石油ストーブ1台と普通の石油ストーブ2台で賄っています。でも気温が0度前後になると3台全部使ってやっとしのげるほど。なんとかあったたまってきたかな~と思う頃には自宅に帰る時間・・・・・・

薪ストーブは無理ですので煙突がいらないペレットストーブを検討しています。

⇒ペレットストーブほしいものランキング


スポンサードリンク



 

タイトルとURLをコピーしました