薪ストーブやペレットストーブの設置場所 吹き抜けの下はNGって本当?

 

薪ストーブやペレットストーブを設置するときに迷うのがどこに設置するかということです。

石油ストーブとは違って一度設置すると気軽に移動、というわけにはいきません。できれば1台で家中を効率よく温めたい、と思ってるので場所選びも間違わないようにしたいものです。

私は今のところ輻射式で薪兼用のペレットストーブを設置しようと考えています。よく言われる最適な場所は家の中央ですが、私の別荘の中央には2階への吹き抜けがあります。最初は熱が2階に上がって良いかな、と思ったのですが詳しく調べてみると・・・・

ストーブの熱は高いところへ上昇するのですぐに2階に上がってしまい1階が温まりにくいかも、ということがわかりました。せっかく高い費用をかけて設置したのに温かくならない、なんてことになったらもったいないです。

2階部分にサーキュレーターやシーリングファンを付けて下に熱を回そうとしても気休め、という意見もあるようです。吹き抜けで熱が2階ばかりに上昇するとムダなエネルギーが必要になります。設置する場所によってランニングコストが変わってくるかもしれませんね。

 

やっぱり吹き抜けの下には設置しないほうが効率的でしょう。でも高気密断熱住宅だと熱効率が良いのでシーリングファンなどを利用すれば吹き抜け下でも問題ないでしょう。

 


スポンサードリンク



 

実際の設置例を見てわかったこと

ペレットストーブの制作と販売をやっている山本製作所とサイカイ産業のホームページで設置例を見てみました。いろんな例が載ってましたが、ほとんどが吹き抜けがあっても、その下には設置しておらず全て壁のそばに設置してました。

設置例は東北や北海道など寒さが厳しい地域も多かったですが、吹き抜けの下に置かなくても2階まで温かくなると感想が書いてあります。私の別荘は東北や北海道などと比較すると寒さはまだマシ。

 

吹き抜けから離れたところに設置しても大丈夫そうですね。

 

ペレットストーブのコストパフォーマンス

薪ストーブと比べ本体と工事費をプラスしても安く設置できるペレットストーブ。設置後のコストパフォーマンスのことも考えなくてはいけませんね。薪が無料で手に入るならいいですが、そうでなければ購入することになります。

ペレットストーブは石油ファンヒーターやエアコンなどの部屋の空気を温める仕組みとは違って遠赤外線で部屋の壁や床、天井などに熱が伝わって家全体を温める仕組みです。

 

いったん温まると冷めにくいので、消した後も温かさが持続します。上手に使えばペレットの使用量を少なくすることもできるでしょう。

実際はどうなのか調べてみると寒い地域でもペレットの使用量は1日16時間の使用で12リットル前後。エアコンより温かくなるそうです。

ペレットは10リットルで500円前後なので、意外に安上がりだな~。最近は灯油が値上がりしてきたので石油ストーブよりコスパが良さそうですね。ペレットの購入に関しては近くに販売してなかったら…という点も楽天やアマゾンなどの通販もありますから心配はいりません。

ペレットストーブの設置費用は薪ストーブに比べて格段に安い!

薪ストーブに比べて工事費用が格段に安いペレットストーブ。地域によっては助成を行う自治体が増えているのが現状です。私の別荘がある地域は助成金がありませんが今後は期待しています。


スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました